今後の007シリーズが楽しみです

今後の007シリーズが楽しみです

私は続編ものの映画が好きなんですよね。1本完結作品というのはどうしても味気なくてだめです。最低でも3作品は欲しいところです。

では、続編もので一番好きな映画は何かというと「007」です。これほどのシリーズ大作は無いんじゃないでしょうか(多分)。レンタルショップに行けばずらーっと並んでいますからね。

ただ、007はシリーズものではありますが、全てが繋がっているというわけではありません。主人公は毎回イギリスの諜報員(スパイ)であるジェームズ・ボンドなんですが、演じる俳優は度々変わります。初代を務めたのはショーン・コネリーです。そしてその後何人かが入れ替わりボンドを務め、今はダニエル・クレイグが演じています。

ボンド役がダニエル・クレイグに変わったときは、若干ショックでした。というのも、前任のピアーズ・ブロスナンが私のボンド像だったからです。初めて私が007を見たのも、彼がボンドを務めたゴールデン・アイでした。そのため、ボンド=ブロスナンという印象が強すぎたんでしょう。

彼が最後の007シリーズ出演となったのは、ダイ・アナザー・デイ。次回作制作当初は、次も彼がキャスティングされていたらしいのですが、色々あり、結局新しいボンド役としてダニエル・クレイグが抜擢されたのです。

クレイグ演じるボンドの最初の印象は「華奢だなぁ」というものでした。ブロスナンは体格が良かったですからね。それに、金髪というのも違和感が感じられました。

ところが、実際に劇場で映画を観てみたら、マイナスイメージは冒頭のシーンであっという間に払拭。とてもスリリングでスタイリッシュなストリー展開で過去最高の面白さでした(私にとって)。ボンドも今までに無い若々しさ溢れる姿で、これはこれで有り! と唸らせてくれるものでした。

今ではすっかりダニエル・クレイグが私のボンド像に変わってしまいました。ブロスナン版も好きですけどね。

クレイグは現在3作品の007作品に出演しており「今後も最低5作品は出演したい!」と本人もボンド役に対する熱い思いを露にしているようです。クレイグ版ボンドファンにとっては嬉しい限りです。

わき脱毛

他人の目に振り回されない

私は自分がいやだなと思う時があります。

何故、いやなのかはいくつかの理由があります。

「仕事ができないダメサラリーマンだから。」

「気が弱い性格だから。」

「給料が安くて、貧乏に甘んじているから。」

「ブサイクだから。」などなど。

このいやな自分は、全部私のことです。

でも、私とそっくり人がいた場合、私はその人のことを嫌いかなっと今、思ってしまいました。

別に嫌いではないなあと思います。

でも、自分だと大嫌いです。

そして、よく、考えてみると、このいやな自分は他人から見た目の自分です。

こんなオレは、皆、嫌いだろうなあと勝手に考えている自分です。

自分の目に他人の目というフィルターを通して見えている自分です。

社会の価値観というフィルターを通して見えている自分です。

これだけが本当の自分ではありません。

自分の中のある時期のほんのある一部です。

他人や社会から見られている自分をかたくなに自分自身であると縛りつけられています。

人の思いばかりに振り回されて、自分の本当の思いを吟味すらしていませんよね。

今からでも遅くはありませんよね。

根本から自分自身を問い直してみようと思います。

まずは、他人からの目や社会の価値観を捨てようと思います。

そして、自分が本当にやりたいことは何だろう。

自分自身が本当にしあわせだと思えることは何だろう。

自分自身が本当に望む姿は何だろう。

このことを何回も何回も問い直してみようと思います。

その時に最初に思っていた自分のいやなところはどこかに飛んで行ってしまうのでしょうね。

結局は、他人の目や社会の価値観を気にして、気にして生きてきただけなんですね。

そういえば、私の亡くなった父は「世間体が悪いから」が口癖でした。